助成金申請

助成金申請

助成金・奨励金制度とは融資とは異なり、返済の必要がない資金を国から受給できる制度を指します。

様々な制度が存在しますが、社会保険労務士が書類の作成や申請のサポートをするのは、主に厚生労働省関係の助成金になります。

厚生労働省関係の助成金は、例えば、一定の条件を満たす人を雇入れた、あるいは継続雇用など労務管理に関する制度を導入したというような場合に、受給できる人材の雇用に関する助成金であり、その財源は企業が納める雇用保険料になっています。従って、雇用保険料を納めているのであれば、受給するための条件をクリアしている企業であれば、当然に受給できるものです。また、助成金は返済の必要がなく、使い道も自由であるため、貴社の経営を大いにサポートしてくれるものです。

しかし、助成金はその種類が多く受給するための条件も複雑で、申請手続きに時間と労力が必要となっています。このためか、受給の条件を満たしながら助成金を活用していない、あるいはその助成金の存在すら知らないという企業が多いのも事実です。

当事務所では、ご相談頂いた企業様の実情をよくお伺いし、無理なく申請・受給できる助成金・奨励金があるかどうかを診断し、条件を満たすものが存在した場合には、申請手続きのサポートをさせていただきます。